3Dプリント

Flashforge Adventure3のIP固定方法

Flashforge Adventure3を使い始めて2か月。

Wi-Fi接続でデータを送信出来て便利なのですが、デフォルトではFlashforgeを再起動するたびにローカルIPアドレスはランダムで接続される仕様になっています。

その都度、現在のIPを検索して接続すれば(Flashprintで難なく可能)、困ることは殆どないので放置していましたが、

Raspberry Piと同時に使おうとすると不具合がありました。

Raspberry Piの方はサーバーとして使っていたので、固定IPにしていましたが、

ラズパイの電源を入れていないタイミングでFlashforgeを起動すると、その固定IPを使ってしまい、

その状態で後からラズパイを起動したらIP迷子になってしまって使えなくなる事案が起こってしまいました。

仕組みを整えれば避けられる問題なので、FlashforgeのIPも固定して再発防止してみることとしました。

調べてみると、実に簡単。

放置していたのが馬鹿みたいでした。

公式サイトにも載っていますが、リンク先またはダウンロードで配布されているAD3_Fix_WIFI.tarをダウンロードしてUSBメモリに入れる。

7zipなどの解凍ソフトを使って、USBにtarファイルを展開する(4つのファイルになります)。

1MBいかないくらいの容量でした。

展開したUSBメモリを電源を落としたFlashforgeに差してから起動。(この時にサーバーの固定IPにならないようにサーバーを起動させておきました)

更新完了と表示されたら、USBを抜いて再起動したらIPが固定化されます。

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です