仕事

近況

緊急事態宣言解除から1週間が経過し、変化を実感できないまま日常生活を続けています。

内視鏡では年初から今年は悪性腫瘍を見つけるケースが体感的に増えており、昨年の不要不急の検査の延期の影響が出てきているのかなと感じています。

そのせいか今年は不要不急の検査とは言わず、必要な検査は感染対策をして行いましょう。という流れになってきて、件数激減もなく、おおむね普段通りの検査をこなしています。

ただ、市町村で行う検診は今年は行わないとする自治体も増えているようで、個人的に申し込まれたドックや内視鏡検診、外来患者さんの定期検診がメインとなっていて、市の補助金があれば受けたいと思っている層で癌を持っている人が、来年受けて「ガーン」となるのが心配なところ。

ピロリ菌の除菌後の方、内視鏡をしばらく受けていない方、便潜血陽性となった方、ポリープ切除後の方などは勇気を出して受けに来て欲しいと思います。

健康や生命は何物にも代えられない資産ですからね。

自分のみは自分で守りましょう。

それから、「お金の授業」で有名になった両学長のYouTubeを最近よく視聴しています。

お金にまつわる5つの力=貯める力、増やす力、稼ぐ力、守る力、使う力

これを鍛えようという話は共感出来ます。

お金に対して無知でいることは、搾取され続けるということ。

医師として収入が増えて、税金が沢山取られるようになってくる身としても、マネーリテラシーを高めて削れる出費は削っていかないと手取りが増えない。真の時間単価(手取り/労働時間)を高められない。と思い、危機感を覚えました。

固定費を見直して、資産運用を始めてポートフォリオを組み始めて、と出来ることから手を付け始めました。

副業を伸ばす必要性も改めて感じました。

法人化も。

上記の動画がモチベーションを呼び起こしてくれました。

フリーランスの場合、国民健康保険に入るしかないと思っていましたが(2年間の任意継続後)、副業用のマイクロ法人を立てて非課税ぎりぎりの役員報酬を設定することで厚生年金保険に入れつつも個人事業で稼ぐという二刀流戦法で保険料をかなり節約できるという話。

こういうことは知っていないと考えもしないかもしれません。

医師の場合、医師会に入って医師国保という選択もあるようですが。

「何者かになるべし」「行動しないと成功できない」というメッセージを受けても、そのための労力やコストを考えて面倒になってしまうところが「そのままでいると失うよ」っていう話に、モチベーションが駆り立てられるあたり、防御型のモチベーションタイプなのかなと自己省察しました。

ボードゲーム製作の話もありましたが、資金難で滞っていることもあり、ブログのリニューアルや投資、お金の勉強と情報発信に力を入れて、取り組んでいきたいと思います。

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です