釣り

デジャヴ坊主

2021/03/27大松丸マダイ釣行記です。

嫌われ続けているマダイ釣り。リベンジしたいと思って、大松丸へ行ってきました。

専用竿買ったのに。釣り方を勉強して調整しているのに。

努力が実るとは限らないところが釣りの難しさであり、奥深いところであります。

釣りはビジネス、人生と通ずるものがあると思います。

前日に電話をかけてみると、3隻出るから空いてますよとのこと。

期待に胸が膨らみます。

2時起床、空いている道中食料を調達しながら4時過ぎに到着。

乗っ込みシーズンのマダイは人気で、3隻出ていますが、3隻とも四隅&艫の隣までが埋まった状態でした。

凪のはずだから、舳でもいいかな。

船首の舳は塞いでいることもあるけど、舳の札の意味するところは何なのかな。

色々と考えてしまいますが、普通に右舷舳の隣の釣り座を取りました。

北風が吹いていて、そこそこ寒い朝の港でした。

温かくして、5時まで仮眠をとってから、軽食を取り、身支度を整えました。

大松丸の船は前回と違うところに泊まっていました。

6時半出船だから、6時前位に乗ればいいかなと思っていたら、船宿から電話がかかってきて、捜索されていました(笑)

5時前だと停泊していないし、タイミングが難しいです。

釣り座に座ってビックリ。

舳の隣のつもりが、思いっきり胴の間でした。

お立ち台に一人、その隣に一人、その隣のもはや胴の間に座らされました。

艫からは4番目。ほぼど真ん中です。

2m弱離れていますが、ハリスは長いのでお祭りは心配な感じでした。

6時半出船のはずが、6時には船は離れて港周辺をうろうろしていました。

離岸は6時、出港が6時半のようです。

朝一は、コマセのオキアミが凍っていて、水に浸けて溶かし始めても、あまり使えません。

朝一が一番釣れる時間なので、ここでしっかり使えるかどうかを考えると、付けエサは釣具屋さんで買って持参するのもアリだと思います。

松輪江奈港には魚屋さんで解凍して引き渡してくれるところがあるので、早く着いたら利用してみると良いと思います。

解凍済みのオキアミがあれば、エビシャキに漬け込むことも出来て、朝一投目をベストな状態で迎えることが出来ます。

見向きもされない餌だったり、他の人が大ダイをバラした後は、食いが明らかに悪くなるというので、朝一に全てを賭けるのはコスパが悪いとは言えないです。

というのは後から気付いたことで、本日は船宿から買うオキアミで、急いで解凍しながら移動することになってしまいました。

剣崎沖の釣り場に到着。水深40m台。浅場まで乗っ込んできているようです。

スタートは4号10mハリス、一本針で、ガン玉無し、飾り無しのシンプル仕掛け。

マダイ針9号のケン付きでズレ落ちにくくしました。

半分凍っているせいか、オキアミが真っすぐ沈むように付けられるようになるまで少し時間がかかりました。

朝一の30分間はサービスタイムで、船のどこかでマダイが掛かっていました。

後れをとるまいと、手返し2分で凍ったオキアミで戦いました。

隣の人にもその隣の人にもマダイが釣れて、次々と坊主逃れ。

周りを気にしている時点で集中が足りません。

手前祭りは回避して、仕掛けが海中にない時は限りなく短くしましたが、段々と食いは落ち着いてきて、あっという間に渋々タイム入り。

乗っ込みマダイの難しさと向き合うことになりました。

天気は良かったんですけどね。

オキアミを真っすぐ付けるのは意外と難しいと思います。

少なくともタチウオのサバ短に比べると。

そもそも曲がった形だし、ケンが無いと簡単にズレます。

沈んでいくときや、引き上げた時にクルクルと回っているようだと、エサ取りも食わないことが多かったように思います。

指示棚はハリス分+10m位でした。

水深44mで海面から20mとか。

餌が無傷で戻ってくることが多いと、不安になります。

食うときはその高さまで浮かんでくるようなので、信じて守り続けるのが吉です。

落とし込んでも5m位までにした方が良さそうです。

探見丸の電池が切れて、スマホ版探見丸アプリを使ってみることにしました。

魚マークが本家探見丸よりもよく表示されて、何となく釣れそうな気分になれます。

序盤の間詰めを逃すと、坊主濃厚な渋い日でした。

昼の潮の変わり目にお隣さんが4kg超えの大ダイを釣りあげていました。

朝釣れなくなってから、ハリスを12mにしたり、15mにしたり、ガン玉を付けて、位置を変えてみたり、6Bのガン玉+落とし込み釣法を試したり、テーパー仕掛けにしたり、針を小さくしたり、コマセが少量残ってくるように穴を調整はしながら。

マダイ釣りは減点、加点両方の要素が嚙み合ってやっと釣れる総合芸術だと思いました。

まず減点がないようにする。

朝一をちゃんと戦える準備をする。指示棚を守る。オキアミが回転しない餌付け。仕掛けが適切であること。エサ取りに食われていないこと。手返しが良いこと。誘い過ぎないこと、適度に誘うこと。潮、濁り、反応、棚、海中の状況を読むこと。そして釣れる船の釣れる釣り座に座ること。

その上で加点となる、マダイの食い等運の要素があって初めて釣ることが出来ます。

この日はシーズンの土曜日、当日行った時点で敗色濃厚だったと思います。

朝一の準備も大チョンボはなく、釣り座が悪かったということに集約されると思いました。

マダイが入る予定の桶は、終日空っぽでしたw

難しい釣りなので、渋い時対策を終日することになります。

その覚悟はしていきましたが、渋さと釣り座の悪さで沈没しました。

隣の舳2番の方と舳の方は3匹ずつ釣れていたんですけどね。

マダイ 3隻の高低
0~8枚
0.8~4.02㎏

マダイ船

今日は3隻で出船し剱崎沖ノッコミポイントを攻めました。開始早々同時ヒット等あり出だし良くスタート!!その後も反応濃く出て、反応浮けばヒットしました。潮変わりに4.02キロの大型マダイも揚がりトップは8枚と皆様複数枚ゲットでき絶好調でした!!マダイダービーのエントリーあり皆様のチャレンジお待ちしております。

連日絶好調!乗っ込み本格化!!
2~3隻体制でお待ちしてます!

マダイ用ハリス
3~5号 10m前後
幅広いハリスをご用意しておいてください。

オモリ80号

出船時間の15分前に船を離しますので早めに乗船して下さい。

大松丸HP 釣果情報より

HPにはトップ8匹と、めっちゃ好調のように書かれていますが、坊主も少なくなかったと思いますし、他の船宿では朝数匹、その後無し、坊主多数というところも多かった渋めの地合いでした。

坊主の数や、スソの釣果を気にかけてくれる船宿にしておくのが上達して釣果が安定するまでは無難かと思います。

リベンジの炎は更に燃え、平日休みを全部投下するつもりで通いたくなりました。

平日、前泊で大艫を取ることからですね。

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です