趣味

コマセマダイ 大松丸 剣崎

乗っ込みシーズンが待ち遠しくて剣崎までマダイ釣りに行ってしまいました。

専用竿と探見丸を買っておきながら頻度が少なかったことを気にしていた釣り物でした。

アカムツとか、ヒラメとか、タチウオとか、魅力的な釣り物が秋・冬は多くて、後回しになってしまったのが原因です。

朝早くて辛いというのもちょっとあります。

今回はプレ乗っ込みシーズンのマダイ、「時化後の荒食い」を期待して行ってきました。

2時起床で、途中コンビニに寄って4時過ぎの到着でした。

今回お邪魔した船宿は剣崎の松輪江奈港、大松丸。

初乗船の船宿です。

マダイ船のレギュラーに使っていた一義丸さんでは坊主が続いたことと、いつも混むこと、常連さんに阻まれて四隅がほぼ不可能であることから、新規開拓の必要性を感じていた折、雑誌「釣り情報」のマダイ特集で登場した大松丸を試しに選んでみました。

直近の超過では一義丸や成銀丸が0-5くらい釣れていたところ、0-1と、常連の腕の差なのか、釣らせるのが下手なのか、たまたまなのか、判断が付かないところでした。

乗船までの流れはHPにある通りで分かりやすく、受付所で受け付け、釣り座決め、支払い、港に移動して船が着岸するまでしばし休憩。着岸したら乗船、6時半出船(6時には離岸、注意)です。

あらかじめ印刷しておいたサービス券もこの時忘れずに提出して500円の割引を受けます。受付順に釣り座を決めて、氷の有無、コマセの有無を聞かれます。

保冷剤は持参していて、氷は帰港後にも購入できるので、コマセのみお願いしました。乗船料9000円+コマセ1000円で10000円になりました。

マダイ釣りのクーラーボックスは悩ましく、大ダイが釣れると大きいものが必要になりますが、坊主も珍しくなくて虚しくなるリスクを伴います。

そして、小さいクーラーボックスを持って行ったときに限って大物が釣れてしまうマーフィーの法則。。

逆に、ジンクスを活かすために小さいクーラーボックスを選択しました。

入りきらない大物だったらカットして持って帰るつもりで。

乗船までの休憩タイム。最近のルーティンは、熱湯を水筒に入れて持参し、休憩中にカップスープやカップラーメンを食べてから、仮眠にしています。

朝、温かいものを食べて身体を温めると、体内時計が規則的になりよく眠れるようになります。

温かいものを入れておくと船酔いにも良いはず。味噌汁のように。

5時半に起きて、港の様子を見てみると、マダイとヤリイカ船のお客さんたちが集まってどんどん乗り込んでいました。

右舷の大艫の隣を選択しましたが、胴の間になりました。

舳、胴の間、大艫の片舷3人。最高の胴の間です。

探見丸付けて、キーパー付けて、コマセカゴを近くにして、足元にバケツ。

広々と使えて快適です。

一義丸や成銀丸など松輪江奈港の他船は満席近い状態。大松丸にして良かったと思いました。

支度をしていたら合図もなくいきなり出船。びっくりしました。

ぶっきらぼうな感じなのかなと思いました。釣らせてくれれば何でもいいので、マダイ釣りにおいて空いているのは最大のメリットです。

朝一は風が残っていて、そこそこ波も立っていました。

15分程度で釣り場に到着。剣崎沖でした。

タックルはBM2000のPE4号、マダイ専用夢の天秤にクッションゴム1mを挟んだ10m1本針。ビシはステン缶80号にしました。

ステン缶が一番水の抵抗を受けにくく、胴の間向きだと思います。

第一投で当たった感触もなく、いきなり針が切られていました。大艫の方がイナダをあげていたので、青物が飲んでしまったのでしょう。

期待が持てる開幕です。

しかし、魚探の状況はというと、無反応でした。

乗っ込みの時期なのでタナは高めに指示されていて、ハリス長+8~10m位でした。(ハリス長を指示されたわけではないので10mとすると、ですが。)

そして、激渋でした。

エサ取りも食わない状況。

そこで、仕掛けチェンジを図りました。

最長の15mハリス、テーパー仕掛け。サルカンがガン玉を兼ねています。

かなり長めで扱いは難しい仕掛けです。

風が吹く中で置いておくと、一本針と言えど簡単に手前祭りして使えなくなってしまいます。

1投目で手前祭りして、仕掛けを切って繋ぎ直す羽目になりました。14m位に短縮w

それでも遠くのマダイに届くと信じて、投入し続けました。

棚を上げても、下げても、落とし込んでも、ガン玉をいくら付けても、反応なし。

棚でビタ止めで待っても、どこでコマセを振ってから棚を合わせても、手持ちも置き竿も、反応なし。

ゲストも当たりもエサ取りもないと、調整するにも手掛かりがありません。

たまにエサ取りがエビをかじってくれるくらい。

当たりが全くないと、エサ取りでさえ嬉しいくらい。

全然ダメな日でした。

晴れてきて、風も止んで、潮止まり。

釣れないけれど、釣り日和でした。

富士山も見えて、気分は上々です。あとは釣れさえすれば。

魚探にたまに移る魚影は10cmクラスの小魚のみ。

ビシに群がったり、マダイの少し下の棚に居たりするようでした。

長い仕掛けも反対側とオマツリするだけになり、それなら普通の仕掛けに戻してのんびりしようと方針転換。

結局、左舷で数匹、右舷ゼロ(船中0-2匹)。左舷の日だったようです。

帰ってから一義丸や成銀丸の釣果を確かめてみると、0-5匹、0-2匹、魚影濃厚・・・だと・・・!?ちょっと考えてしまいますね。

アナウンスがないから初心者がビシを下ろして散らせてしまってる可能性、船が群れに乗せられていない可能性、指示ダナがズレている可能性。

暫く釣果をウォッチして、釣れそうな船宿を選ぼうかと思いました。

「綺麗なクーラーだろ、釣り行った後なんだぜ」「」

久々丸坊主食らいました。

小さいクーラーで行って正解。最適な食料保管庫となりました。

氷も買わなくて正解。最も嬉しくない正解。

乗っ込みが来たらリベンジしたいと思いました。

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です