趣味

釣り納めアマダイ

葉山の五エム丸、アマダイで釣り納めしました。

先日の練習釣行に行ったのはこの日のため!

何かとロストするけれど、釣果には恵まれる相性の良い船宿。

正月の魚は釣れてくれるのでしょうか?

釣り座確保まで

直前に行っていると、所要時間や集合場所、出船までの流れが明確で、それだけでも気が楽になります。

前回同様3時起床、5時前の到着になりました。

前回と違ったのは、混み具合。

開店時に既に四隅と艫の隣までが埋まっていました。

右ハンドルなので、右舷の艏の隣に陣取ることにしました。

腹ごなしをして、釣り座に行き、出船を待ちます。

埋まっていく釣り座。

6時半の出船時間には、片舷6人となっていました。

大型船で、2m間隔空けられたのは幸いでしたが、オマツリには気を付けなくてはと思いました。

準備と工夫

今回の新兵器はコレ

付餌用のザルです。

餌のオキアミは柔らかく、水圧だけでも釣り針から外れてしまう事もよくあります。

なので、アミノリキッドエビシャキといった、加工材に10分程付けた後、引き揚げて乾かすと硬くなって身保ちが良くなります。

更に集魚効果を期待してアミノ酸パワーを振りかけます。これで準備完了。

慌てて前日作成したので改良の余地はありますが。

オキアミは冷凍ブロックで渡されて、知らなかった頃は凍ったまま釣り場に着いてしまい、朝間詰に釣り出来ないという失態を犯しました。

オキアミの加工、整ったエビを選ぶ眼力、尻尾をハサミでカットする、ケン付き針に引っ掛けて外れにくくする、投入時クルクル回転せずに沈んでいくことを確認する。

ここまでは出来ないとハンディキャップを負って釣りするようなものです。

釣りは減点方式な所があります。

坊主逃れ

釣り場には7時前に到着し、水深70mスタートでした。

いきなり攻めようとして、ディギングアームで勝負しました。

鯛の釣りは船全体で30匹くらい釣れる総数を釣り人の人数で、力量に応じて不平等に分け合うような所があるからです。

釣り座でベストを取れなかった分、攻めないと抜きん出ることは出来ないと思いました。

結論から言うとディギングへの反応は一日を通じて悪く、「餌取りも食わない」状態だったので数投やったところで見切りをつけて、スピード天秤にノーマル2m仕掛けを付けたタックルに変更しました。

誘うと良いのか、誘わない置き竿が良いのか、底の方の潮の流れが速いのか遅いのか。

上げた餌の状態をよく観察して当たりをつけてちょっとずつ変えながらその日その時の「正解」に近付けていきます。

プロアングラーとか、上手い人の話を聞くと、矛盾するような理屈で説明されることがあります。

東洋医学で治療するのと、西洋医学で治療するのと理屈は違えど、良くなるというのと似ているなと思います。

正解が分からないし、状況が刻一刻と変わるため正しかったのか、たまたまなのか、意図していないことが良かったのか、全てを確認しようがない問題。

多分、本人の中で筋が通ってることが大事なんだと思います。

迷いなく所作を行うことが出来ること。それが自然な食べやすい付餌の動きに繋がっていくのでしょう。

初っ端から1時間くらい何も釣れない時間が続きましたが、迷いを払拭する為に釣れている人を観察しないことにしました。(ミヨシの方は最初から2匹上げていた)

下針から40cmにガン玉を付けたノーマル仕掛けで、仕掛け分上げて、あまり誘わず手持ちでいると、餌が齧られるようになってきました。

気まぐれに落とし込み50cm程かけてみたり。

すると1匹目。3回強く引き込む典型的なアマダイの引きでした。8時前に30cm超えのアマダイをゲットし坊主脱出。

難しい魚

同じ戦法で続くかと期待しますが、そう甘くないアマダイ

また沈黙の時間が来ました。

付餌が回転するのを見逃すと、100m近い海底まで1往復するだけで糸はヨレヨレ。手前マツリすると仕掛けを取り替えないと続けられなくなったりしました。

隣とのオマツリでも仕掛けは切ることになる場面も多かったです。

調子が良い状態というものがなく、基本的に静かな状態だったので、オマツリのタイミングでディギングにしたり、戻したり、天秤ごと変えてしまっていました。

三又サルカンはビーズに比べて重さがあるからガン玉は要らないかと思いきや、試しに付けるとそれで食うようになったり、決めつけはいけないなと思いました。

どんな釣りにも言えることですが、試し続ける人は上手くなる人です。

アマダイは難しい魚だと思いました。

全然釣れない時間がまあまああり、工夫し続けているとポツリと1匹顔を出す。

それだけ少ないと、「正解」を見つけるのも至難。運の要素も多分にあるでしょう。

魚の大きさは更に運に左右されるでしょう。

でもその希少性と、根気を試されるところがハマりポイントでもあります。

餌は漬け込み組、引き揚げ乾燥組、尻尾カット組の三段階。最後は船べりに置いて待機としました。

極鋭タチウオと富士山

予報よりも天気は良くて、雨は降ることなく、富士山も拝むことができました。釣り日和です。

多彩な外道

ヒメコダイが釣れたら、棚は正解。

同じ棚で次を狙います。

ガンゾウヒラメは棚低すぎ。キダイは棚高すぎ。

セオリー通り棚を調整しましたが、外道の活性が高いと調整など無意味と言わんばかりにキダイ連発したりしました。

綺麗に針から外れたら、生き延びるのでリリース、エラや胃袋にかかり、外した時点で死にそうなら持ち帰って食べることにしました。

最初3,4匹は確保していましたが、それを後悔するほど、持ち帰らざるを得ないキダイに恵まれました。結局9匹も。

お隣さんから要らんからと貰ったソーダガツオ。

底の方で食ってきたオニカサゴ。メゴチ。

ヒメコダイも合わせて五目釣りになりました。

この多彩さもアマダイ釣りの密かな魅力だったりします。

外道の隙間に注意を切らさず、アマダイを「拾う」ように釣り、3匹まで伸ばすことができました。

「ゾーン」「フロー状態」に入っていたと思います。

餌付けも手早く正確になり、綺麗に沈んでいく姿が当たり前のようになっていました。

竿を構えたら「釣れる気しかしない」

6時前に釣り始めて、気づいた時には12時過ぎていました(笑)

今日のロストは・・・

何かとロストがあるのも五エム丸との縁。

12時まで来て、「今日はジンクスが変わる」と期待しますが、反対側とのオマツリで、やられました。

2.5mの長い仕掛けを試していたのでお隣さんとマツリやすいかなとは思っていましたが、まさかの反対側でした。

道糸がガッツリ絡んでしまったようで、2,30分格闘した末、諦めざるを得なくなりました。

マツリに気付いてすぐ巻き上げたので着底状態ではなかったものの、PE50mのロストは痛かったです。

これでリールに残る道糸は130m

深場に行かれると釣りが出来なくなります

リールも心許ない感じ。

「ゾーン」も解けてしまいました。

帰ったら糸を新調しようとか、オニカサゴどう食べようとか、関係ないことばかり考えてました。

14時納竿。新しいタックルバックに変えて、片付けが早くなったので、さっさと片付けて帰りに備えて横になることが出来ます。

釣果

自己釣果:アマダイ3匹

外道にオニカサゴ 、キダイ、ガンゾウヒラメ、ヒメコダイ、メゴチ

船全体:0〜4匹

1kg1万円。500g2匹より大アマダイ1匹の方が高値で取引されています。

3匹とも良いサイズで、前回よりも釣果で「元が取れる」結果だったんじゃないかと思います。

感想

平日とは違って混雑した状況で、どう釣果を伸ばすかというのは余計な疲れになります。

たわませた方が釣れてもオマツリ必発だから控えなくてはいけなくなったり、隣と降ろすタイミングをズラしたり、まともな釣りをする為に釣果を減らす選択を強いられる。

そんな葛藤が混んだ釣行には付いてきます。

年末は正月用の魚目当てで混雑しやすいので、年明けにズラしたりした方がいいかもしれません。

良型アマダイが3匹釣れたのは、練習の成果と、運が良かったということでしょう。

釣りにしても、道具にしてもまだ工夫の余地があると思いました。

そして、今度は空いた日にまたお邪魔したいと思います。

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です