趣味

タチアジリレー 黒川丸

久しぶりに釣りに出てきました。

タチウオはまだ夏の活性ではなく、春の滅多に釣れないけど、釣れると大きい「春ドラゴン」の海況でした。

これはこれで好きなのでいいんですけどね。

久々だったのでアミノ酸パワーを切らしていたのが後悔でした。

低活性の時、どれだけ当たりを増やしてくれるかが試したいポイントですから。

釣り船まで

黒川本家は横須賀市久里浜の船宿です。

釣り座選びにしても、釣り方指導にしても、フェアで、「常連が幅をきかせている」感じでは無いのが好印象の船宿です。

色々行った経験では、HPにルール、流れが全部書いてあってオープンな船宿が、良いところが多いです。

金沢八景、大黒埠頭のあたりから南下すること30分、片道2時間のドライブです。

この30分が大きいと思います。1時間半と2時間では、疲労度などが大分変わります。

久しぶりのリハビリ釣行だったので、5時に開店してから到着しました。

釣り座は左舷大艫が空いていたのでラッキーでした。

片舷8人での出発。

タチもアジも観音崎沖での釣りでした。

実釣開始

濁り潮で潮流は速く、重めのオモリを指定されました。

四隅だと、誰もいない方向に流れていくときはそれ敢えて軽いオモリで人から離れるように流すテクニックも使えていい感じ。

軽い方が感度も良いですからね。

「相棒」こと極鋭タチウオテンヤSPが冴えます。

近況の如く、この日のタチウオも食いは渋かったです。

指示ダナの幅も5mくらい。

タックルは夏タチ仕様で、天秤はダイワ スピードSサイズ、6号ハリス 2mに1/0号タチ針一本、編み付け以外の飾りはなしのシンプル仕掛けです。

細かく誘って、時々間を入れながら反応を見ていきます。

お触りはあるものの、かかってくれないことが多いようでした。

特餌サンマ、アミノ酸パワー、ジギングなど試せたら面白いのかもしれませんが、準備・対応していないものは諦めます。

指示棚が深くて狭い時は春タチのつもりでじっくり待つ静の釣り、指示棚が上に上に変わっていく時は夏タチの動かし続ける誘いをショートピッチでやっていくことにしました。

開始30分で指5本1m超えのドラゴンが釣れてホッとしました。

低活性の時はバラした時の「逃した魚はデカかった」感が大きくなるので、絶対緩めないように気を使うので疲れます。

そこから1時間で4匹まで伸ばせましたが、更に活性が下がり、殆ど上がらなくなりました。

不意に当たったと思ったら大アジ。

フライングでリレー始まっちゃったと思いつつw

誘いや棚を変えながら、あるかどうかも分からない「正解」を探す試行錯誤が続きました。

前当たりがないわけではない。

なので余計に悔しくて、夢中にさせてくれます。

終盤になり、オーソドックスな夏タチのパターンで1匹追加でき、タチウオ は5匹で終了。

アジはというと、お祭りがあり、3本針の下を切り落として、短い2本針仕掛けにしてやっていきました。

サバが時々混じってぐちゃぐちゃにされるのであまりダブルは狙わず、1匹ずつ着実に数を重ねました。

45mから30m立ちのポイントで、底から2,3mのタナで釣っていました。

アジは市販の仕掛けで何の工夫もなく上がるため、イソメと赤タンが配られますが(大抵どちらか一つ配布なのでポイント高いです)、餌持ちの良い赤タンばかり使って順調でした。

食いが悪い時はイソメにしたり、銀針にしたり、小さい針にしたりといった戦法があります。

この日のように濁っててアピール重視で良さそうな日は、金針、赤タン、大きめの針、太めのハリス で、アジ巻き上げマシーンになります。

お祭り多く、夏の割に数が釣れない日でしたが、四隅のお陰でストレスなく釣れて、天気も良い釣り日和でした。

釣れる日にいっぱい釣れると、それはそれで面白いですが、飽きると作業ゲーと化してマンネリ化します。

釣れない日に工夫して貴重な1匹を釣り上げるのが、一番燃える楽しい釣りだと気付いた濃い一日でした。

快適な大艫からの景色も好きです。

釣果

自己釣果

タチウオ 5本

アジ 15匹

サバ 2匹

船全体

タチウオ 0〜10

アジ 3〜23

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です