趣味

一義丸 マダイ

今年初の真鯛釣り。

マダイといえば、一義丸となりつつあります。

対応が良くて、釣らせてくれる操船と、指示棚設定。

予約制で、釣り座ルールが公平(常連が四隅確保とかしない)

他の船宿を選ぶ理由が無くなれば、定着します

サービスを設定するとき、客目線で考えられるかが大事だよなと思ったり。

本日は3時半起床、出発して、5時半到着。

船宿は意外と混んでいて・・・

マダイ船は片舷10人の胴の間になるという地獄の前兆・・・

「えー・・・」と思いつつも

6時に船に乗り込み、釣り座を探していると、

中乗りさんから声がかかり、「2隻目出ることになったんですが、移りますか?」と

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

勿論移動しますとも。

右舷の艫寄りで希望していると、大艫になりました。

タイ釣りで大艫

釣れる気しかしません。

加えて、ここ数日絶好調の状況。

前日は2-7匹と素晴らしい釣果。

片舷4人と余裕を持った釣り座となり、わくわくの出船となりました。

7時前出船

釣り場までは15分程度。すぐに到着です。

富士山は見えませんでしたが、見事な朝日に対面出来ました。

海釣りをしていて、多分、この瞬間が一番幸せですね。

釣れた時も勿論楽しいんですが、バラしたら船長に怒られる、がっかりされるというプレッシャーもあり、手放しで感動し、畏敬の念を感じられる場面はクルージング中に出会えるこういった景色なのだと思いました。

松輪江奈港から少し移動した剣崎沖が釣り場でした。

水深45mくらいのところから80mくらいのところを行ったり来たりしていました。

冬の釣りだけあって、活性は間詰め以外は低めです。

本日の釣り座

大艫で後ろ向きに釣り座を構えられると、オマツリリスクがかなり減って良い感じです。

探見丸も活躍してくれそうです。

しかし、この時はまだ気付いていませんでした。

電力丸(バッテリー)の充電を忘れてきたことに・・・

朝はさっそく高活性の反応が見えていました。

第一投がいきなりヒット

マダイの小気味いい引き。

絶対上げるぞと意気込んでやり取りしたのは良いですが、抵抗感とともに外れた感触が手に伝わり、巻き上げてみると、誰かの針とオマツリしていて、魚はバレて居なくなっていました。

しかし、期待が持てます。

すぐさま仕掛けを付け替えて投入

流石にすぐ釣れるほどマダイは甘くありません。

反対側の大艫の方は続々とマダイ、クロダイを釣り上げ始めました。

コマセに群がる魚の帯を回避して、4m前後のマダイの食い棚に仕掛けを同調させるイメージ

水面からの指示棚ですが、仕掛けの長さ10mで統一なので、仕掛け長+4mくらいを指示されていることが探見丸を見ると一目瞭然で分かります。

ガン玉を付けたり、気を付けてみたところ、小ぶりですがマダイをゲットしました。

測ってみると500g

可愛いマダイさんです

しかし、この後アタリがなくなります。

隣の人や周りでは上がっているにも関わらず。

仕掛けを確認のため上げてみたときのエサの回転、糸ヨレがあったことを大きく見ていませんでしたが、後から考えるとそれが一番の原因

オキアミといえど、水中で回転しないような真っ直ぐ餌付けをすることが最重要。

回転して捻れてしまった仕掛けはもったいぶらず変えないと釣れません。

そして、バッテリーの残量もゼロになり、リールが止まってしまう事態となりました。

そこまで深くはなかったので、手動で巻き上げて船のバッテリーを使わせてもらうことが出来ました。

初めての船バッテリー。

聞いたことはありましたが、船の動力に左右されて電力が安定せず、止まりかけたり復活したり、安定感の悪いバッテリーでした。

電動リールへの負担になりそう。

それでも全行程手動よりはずっとましだったので使わせてもらいました。

バッテリーは自前につきることを学びました。

これは痛恨のミスでした。

モーニングサービスが終わり、アタリがぱったりと無くなると、沈黙の時間、工夫の時間が始まります。

今回新たに加えた道具がコレ

ステン缶の80号FLブラック

穴塞ぎキャップも大事

穴を1個か2個だけ空けた状態にするのがこの日の潮の状況では丁度よい(餌が少し残って返ってくるくらい)コマセの出方に出来るようでした。

プラビシの上窓、下窓の微調整で適量に合わせるのも楽しいんですが、潮の影響も受けにくく、オマツリ対策にもなることを考えるとステン缶導入はかなり良かったと思いました。

タナを上げてみたり、下げてみたり、落とし込んだり、誘いを入れたり、根気よく工夫を続けてみたところ、昼過ぎに元気の良いアタリ

大ダイの不意打ちを常に警戒しながらドラグは緩くして、傷をつけないためのハリスの扱いには神経質になっていたので、最初のダッシュをいなしてからのやり取りも問題なく出来ました。

糸を緩めないように慎重に手繰り寄せていき、セルフタモでゲットしたのは1.7kgのクロダイさん

このサイズになると小型犬くらい元気で、かまれると普通に大ケガします。

体長も50cmほどありました。

曇りの予報でしたが、雨は降ることなく晴れ間も見え、最高の釣り日和でした。

また行きたいと思いました。

マダイは一年中出来る釣り物なのが良いです。

しかし同じ船では落ち着くのですが、考え方が硬直してしまうのでマダイ船の開拓をしてみたいとも思いました。

釣り師や釣船に、それぞれの「釣り哲学」があり、色々な人の釣り哲学が一見矛盾するところもあるのですが、状況や地域やその環境での対象魚の性質を踏まえるとどれも理にかなっていて、事実成果を上げていたりするんですよね。

私も自分の釣り哲学をマダイでも作りたいと思いました。

釣果:マダイ1枚、クロダイ1枚

船全体:1-7枚

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です