趣味

竿選び

Kanchan
Kanchan

Kanchanです。

先日コマセマダイに敗れてから、久しぶりに燃えてしまい、マダイ釣りを上達させるためのアイテムを買おうかと思っています。

実に2年ぶりの竿の新調です。

なので、慎重に考えました。

欲しいアイテム
  1. マダイの専用竿
  2. 4号巻ける高性能な電動リール
  3. 探検丸

探検丸はスマホにアプリを入れて疑似体験できるので、試してからでいいとして、

専用竿とリールはこの機会に勢いで買おうと思います。

極鋭中深場M-205ではいなし切れなかったあの当たり。

船が揺れた時の付けエサの水中での動き。

考えれば考えるほど、やはりコマセマダイ用に設計された専用竿の方が当たりも増えそうだし、釣りあげられる確率も挙げられそうに思えてきました。

最高の道具、最高のコンディションで挑んでいなければ、釣れなかったときに納得できない。

そんな体質になってしまったようです。

専用竿の選択肢

まずマダイ用の専用竿を調べてみました。

スピニングリール用ではなく、テンヤマダイではなく、タイラバでもなく、コマセマダイです。

  • 【 SHIMANO 】
  • 海攻マダイリミテッド
  • 海春
  • ミヨシリミテッド
  • アルシエラマダイ
  • ライトゲームBB
  • 【 DAIWA 】
  • リーオマスター真鯛SX
  • リーオマスター真鯛
  • リーオマスター真鯛EX
  • 極鋭ギア
  • アナリスター真鯛

大手のダイワとシマノだけでもかなりのラインナップがあることが分かりました。

真鯛は人気ターゲットなので、それだけマニアックなニーズに応える製品が企業努力で開発されてきたということでしょう。

面喰らいました。

しかも、それぞれにS, M, MHと微妙な硬さの違いがあり、250cmくらいから300cmくらいまで長さも微妙に違うラインナップがあります。

できるだけ色々な状況に対応できる1本に絞り込まなくては家計と釣行を守れません!

考えました。

後悔したくないのでグレードの高い(値段も高い)1本にしようと散々悩みました。

そして竿はDAIWAのリーオマスター真鯛S-300・Wに決めました。

まず置き竿も手持ちも行ける300cmにしました。

そして硬さはMがオールラウンドで扱いやすいようですが、専用竿の柔らかさを体験したいというのと、在庫の問題もあって、Sにしました。

柔らかすぎるSSよりはSの方が扱いやすいなと。Mが良ければ汎用ロッドのM-270がヒラメ用で持っていたのでそういう状況(ワラサの時合など)では流用すればいいかなと。

決め手はAGSの搭載されたモデルで一番お手頃だったこと。

DAIWAの最上位の竿についている穂先のガイドのシステムで、軽量化と高感度を実現する武器となっています。

極鋭シリーズに惚れ込んで、欠かせないものとなってしまいました。

Amazonでキャッシュレス割引5%が効いて46911円。

店舗ではセールがやっていたので見てきましたが、型落ちの品か、同じクラスの竿は46000~49000円+税、ポイント還元5%

値段が同じであれば店舗でウィンドウショッピングできる楽しさを買っているので、店舗にするところですが、大きな価格差だったのでAmazonにしました。

電動リールはビーストマスター2000にしました。

昨年発売で買おうか迷った挙句買わずにおいた逸品。迎えに行ったという感じでした。

竿はDAIWA、リールはSHIMANOのパターンを変えられませんでした。

2000番台のリールは初めてですが、これまで1000番のPLAYSでギリギリ頑張っていた中深場やヤリイカ・青物とのやり取りをだいぶ楽にさせてくれることでしょう。

手持ちでも行ける軽さ、3000番に匹敵するパワー、ついでに探検丸との通信機能が売りのハイエンドの電動リールです。

価格は店舗では税込み92400円。PEライン300m付き、ポイント還元10%でした。

一方でAmazonでは74800円(税込み・送料無料)

これまたAmazonに軍配。PEラインは贅沢しなければ4000円程で買えるわけで。

ポイントもその系列店舗でしか使えない、ポイント使用時はポイントが付かないなど制約があり、1円=1ポイントで使えても1円と等価とは到底言えないと思います。

Amazonポイントやクレジットカードのポイントの方が、付与されるのは小さいですがその辺を気にしなくていい点にメリットを感じます。

締めて125000円のお買い物。

これは釣りに行くしかないと、モチベーションも上がります。

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です