テクノロジー

思うは招く【YouTube動画感想】

TEDでの植松努さんのスピーチを見て共感しました。

タイトルが「思うは招く」

想ったことは実現するという意味です。

何か新しい事にチャレンジしてみようとしている友人が、経験も人脈も資金も無い状態だったら、あなたは何と言ってあげるでしょうか?

現実を見た方がいい

どうせ無理だよ

こんな言葉が自然に出るようになってはいませんか。

やってみなければ分からない事もたくさんあります。

それが誰もやったことがないようなことなら、尚のこと。

どーせむりという、人の可能性を奪う思考停止した言葉を無くして、どうすれば出来るか、だったらこうしてみたら?と前向きに達成するための方法を考える事を植松さんは提案しています。

子供の夢を、現実を見ろって、大した考えもせず潰す大人になっていないだろうかと自省した。

人間は自分に見えている世界が「常識」で「当たり前」で「現実」であり、基本的にそこから外れるものを認められない。

それによって知らずと苦しめられている人が沢山いると思う。

ブラック企業で働いていて、起業すると言い出した人は「他所で通用しない」「絶対失敗する」とほぼ間違いなく叩かれるでしょう。

新卒一年目で辞めると、「どこでも通用しない」「のたれ死ぬことになる」「メンタル弱い」と言われるでしょう。

医師からの起業、フリーランス化も、まだまだマイノリティで、具体的に知らない人からは「絶対ムリ」「失敗してキャリアに戻れなくなる」等と言われる。

やったことがない人は、知らない世界のことを漠然と恐れ、身近な人が前に進んでいくのを止めたがる。自身の「常識」に照らし合わせて。

成功するかどうか、正しい道なのかどうかは、誰にも分からないが、やろうとしなければ失敗しないけれども100%成功しない。

リスクを明確にして、許せる範囲で小さなチャレンジを試してみるのは、これからの時代、自分の「出来ること」を増やして、生き方の選択肢を増やす、結果としてポートフォリオを安定させる行動になってくるのではなかろうかと思う。

100%の成功か100%の失敗かの全てを賭けた挑戦にしなくてもいい。

ちょっと挑戦してみて、失敗と改善を繰り返して、段々成功に近づけて行く。

挑戦に一歩踏み出す勇気をくれる、素晴らしい話だと思い、感動しました。

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です