趣味

ウィリー五目釣り 忠彦丸

Kanchan
Kanchan

Kanchanです

久し振りに船釣りに行ってきました。

釣りだけでなく、釣り場までのクルージングも好きだって気付きました。

金沢八景にある金沢漁港には沢山の船宿があり、一番大きくて、行きつけにしているのが忠彦丸さんです。

5時過ぎ到着で、右舷艫2番目が取れました。

タチウオは夏の高活性に入り、人気なようで、終盤戦になってきたイサキを含むウィリー五目はそこまで人気ではないようでした。

とはいえ、日曜日で団体さんが入り、片舷9人での出船です。

釣り場は洲崎沖なのでかなり南下します。出船から約1時間でやっと到着。

初めての釣り物で冒険なので、道中イサキ釣りについてずっと調べて行きました。

ごまプリンさんの記事なんかはおススメ。

PEライン3号以下、ビシはFL60号指定。

高感度で軽く、しゃくりが利いて、かつマダイや青物の引きにも対応できる竿が良いらしい。

推奨錘負荷より軽いのが心配ではありましたが、手持ちの竿で、極鋭中深場M205を選んでいきました。

FM400に2号を巻いてセットすると、軽くて感度もよくて悪くありませんでした。

アミコマセとオキアミを支給され、イカを持って行ってバリエーションを付けました。

3本針仕掛けで、ウィリー針は針だけにしたり、空針に餌をつけたり、組み合わせを色々試しました。

コマセカゴは7分目まで入れて、下は全閉、上窓は半分くらい開けて、コマセの残り具合を見ながら微調整していきました。

9時前くらいから実釣開始。

イサキ狙いのようですが、最初は全然当たらず。

潮は速いようで、一投一お祭りの地獄。

棚とか分からない初心者さんがいるようで心配でした。

指示だなは水面からでした。80-70mだったり、65-55mだったり。

やり方はシンプルで、指示棚の下限から上限までしゃくり上げてきて、当たったら追い食いを待ちつつ上限までしゃくり、巻き上げる。

タチウオと似て、しゃくりの幅、テンポ、間でバリエーションを作ります。

しゃくったときにコマセが出るのが違うところ。

釣れたら棚を覚えておいて、同じ棚に手返しよく投入するのが効率的です。

隣や裏とのオマツリばかりでしたが、オマツリがなければ潮が動いているということなので、釣れました。

五目釣りはベラから始まりました。

しかも、小さな。

釣れて余裕があればリリースするサイズでしたが、初めて上がったのでキープというありがちな展開。

次に釣れたのはカラフルな魚でした。

調べてみると、シキシマハナダイ

まだまだ釣ったことのない知らない魚が泳いでいるんだなぁと感心しました。海は偉大です。

万能えさのオキアミは魚にも人気で、良く食ってくれました。

オマツリが減ってくると同時に、潮が緩んで渋くなり。

2時間が経過してやっと釣れたのがイサキでした。しかも、ダブル。

針3つともエサで上からオキアミ、オキアミ、イカタンにしていました。

同じ組み合わせですぐさま投入。で、一匹追加。

ちょっと移動して、またイサキ。トリプルもありました。

時合を逃さないように釣っていると、釣れているのに移動になり、イサキタイム終了しました。

ウィリーの空針にかかってくることもあるらしいのですが、全部エサで釣ったイサキでした。

しばらくしてから、アジタイム。

「五目船」で、今何を狙っているか言われませんが、釣れているのを見ると、アジの群れを追っているんだなと分かります。

エビで釣れるアジは大き目。

しかし、ビシアジで沢山釣っているアジをわざわざウィリー仕掛けて狙うのも何だかなぁ・・・。

黒アジだし。

良く引いて楽しいのですが、だんだん飽きてきて、鯛を狙ってみることにしました。

6m1本針のマダイ仕掛けにこっそり変更。

手返しは悪くなりますが、鯛の確率は上がるはずです。

コマセ窓も開き気味にして、いざ投入。

仕掛けがなじむのを待っていたら、当たり!

巻き上げてみると、、アジ。

終盤1時間はマダイ仕掛けで頑張りました。

時間をかけて釣れてくるのは全部アジで。。。

隣で良型のマダイが上がるのを尻目に見つつ、アジを一匹ずつ上げることになりました。

アジ以外ではソーダガツオがかかったのみでした。

マダイは残念でしたが、鯖も大きいのをキープして、「五目」達成でした。

日差しも強くなく、雨も降らず、波、風も穏やかで最高の釣り日和でした。

釣果まとめ

船中7-31匹
マダイ・イサキ・沖メバル・アカイサキ・シキシマハナダイ・ハタ・アジ

自己釣果

アジ10
イサキ8
サバ2
ソーダガツオ1
シキシマハナダイ1
ベラ1

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です