趣味

忠彦丸 LTアジ(午前)

※2019年4月の釣行記です。

金沢八景 忠彦丸 LTアジ(午前)GWで帰省を兼ねた釣りでした。

実家から最も近い船宿なので、5時起きで十分でした。

釣りを楽しむ」を一番の目的にした釣りだったので、半日船です。

LTアジは、前日車中泊とか、断食とか、ストイックなことしなくても何とかなる手軽さが好きです。

折角行くならガッツリとという気もしますが、終わってから笑えるのは半日船なのかなと思いました。

GWで、快晴で、絶対混むとも思っていたので、一隻の総釣果がだいたい決まっているようなマダイ・アカムツのような釣りも楽しめないと思いました。

タチウオも行ったばかりだし、春に入り激渋シーズンになったし。というわけで、LTアジでした。

5時半到着で、四隅が埋まり、艫は2名ずつ決まっていました。

左舷艫3番目というほぼ胴の間になりました。

受付を済ませて、出発の7時半まで釣り座を作ります。

団体さんも何人かいて、次々埋まっていく釣り座。

詰めて、詰めて、1mも幅を取れない状態に。

結局、片舷14人の出船でした。

実釣開始

釣果には拘らず楽しむために、潮が早いときは仕掛けの投入をずらしたり、ベタ底は狙わないようにしたり、一人で出来るオマツリ対策を最大限やることにしました。

隣の大艫2人組は後ろ方向へ竿を出してくれていたので、半歩艫寄りに動いて竿を出したりもしました。

肝心の釣りはというと、序盤の朝まずめ・・・など無く、渋い開幕でした。

反応は低めのようで、底から1m迄。

そこに付けエサを漂わせるイメージで、50cm~1mで1シャクリ、1巻きして2シャクリ、底から2mで待つというパターンを標準にしました。2本針の銀針で11号ムツ針。

市販仕掛け。支給されるのは安定のイソメです。

標準パターンでまるでアタリがないまま30分が過ぎました。ぽつりぽつりと当たりは出ていましたが、自分のところには来ませんでした。

そして、釣れるアジは小さいアジばかりのようでした。外道に悩まされるわけでもない低活性。であれば、仕掛けを変えてみました。

同じく2本針の金針10号。赤タンを準備しておけば良かったと思いましたが、無いものは仕方ない。

この変更が当たりで、2連続でアタリがあり、2匹小型のアジをゲット。

短くて扱いやすいのでゲームロッドではないけど、極鋭タチウオテンヤSPと小型リールPE1号で良かったと思いました。

感度は良く、どんなに小型でもアタリが分からないという事はありませんでした。

時合というほどの時合はなく、ダブルを狙っても外れてしまい1匹すら居なくなってしまったり、お祭りするだけだったので、一匹ずつ丁寧に釣りあげていきました。

渋いときは渋いときで、手持ちで頑張っている釣り人に神様は微笑むと思えるところがあり、それはそれで楽しめます。

潮が早く感じたら、ハリスが吹き上がっているイメージで棚を気持ち低めにしたり、潮止まりでは高めにしてから、ゆっくりと道糸を伸ばしていくマダイ釣りでの「落とし込み」テクニックを取り入れたり、とにかく工夫が大事です。

セオリーや教科書、船長の助言等、拠り所は色々ありますが、釣り場での「今、ここで実際に釣れた釣り方」が何なのか、生データを蓄積しながら洗練させていく作業は、プログラミングの機械学習、ディープラーニングに通ずるところがあるとも思いました。

釣れたらしゃくった棚、当たった棚を覚えておいて間を空けずに同じ所へ仕掛けを下すこと

それが一番釣れる確率の高いやり方です。

これだけで数に差がつくと思います。

アジは手返しが命と言われる所以です。

ちょっとした差ですが、巻き上げの時間に代えるエサを準備できないのが手巻きのデメリットかなと思いました。

ただ、今日ほど混み合っているとバッテリーとコードが煩わしくなり、水深20m程度なので荷物も考えると手巻きが良かったと思いました。

オマツリは気を付けていても不可避で、仕掛け3組オマツリでロストしました。

でも、夢中になれる3時間。快晴で心地よく、心洗われる最高の時間でした。

帰ってぐったりしないで済むことも、半日船のいいところ。

平成最後の釣り。釣り方、作戦、展開、混み具合等、計画通りに行き、自分の中では大成功でした。

釣果まとめ

自己釣果 13匹 外道なし
船全体釣果1~29匹

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です