医療

外来

どういう病院の何科として外来をやるかによって、当然のことながら必要とされるものが違ってくる。

例えば、僕がいま勤務している病院は地域の救急病院で、立ち上がって日が浅い消化器内科になる。すると、胸やけや胃もたれや、肝機能障害など、採血、内視鏡、CTで原因を突き止めて、解決するパターンが多い。

逆流性食道炎、機能性ディスペプシア、ピロリ菌感染、過敏性腸症候群、便秘、アルコール性肝障害、この辺りが非常に多い。

半分くらい精神科みたいなことしてるなって思う。

がんの診療

がんが見つかって、治療の相談を引き受ける消化器内科医もいるだろう。

うちでは外科が充実しており、そのような相談は外科に行くことが多い。

化学療法を誰がやっているかという問題とも絡んでくる。

前いた病院では、がんの診療を引き受けることが多かった。診断して、手術適応ありとなって初めて外科に行ったためだ。

内視鏡治療の適応は内科、インオペの進行癌は化学療法で内科、消化管閉塞はステント、診断未確定例はもちろん内科。内科の負担が大きくなっていた。

胃癌、大腸癌、胆道癌、肝臓癌、膵癌、、、

内視鏡で治癒できる症例はまだまだ多くはなく、辛い経過を辿ることになる。

不安な患者さんに寄り添うのは、かなり大変だ。

現代医療はまだまだ癌を克服出来ていない。

ABOUT ME
アバター
kanchan
一般内科、消化器内科、救急、脳神経外科、大学病院、関連病院、民間病院。色々な医療現場を経験してきました。 医療×テクノロジーで未来を創造することが夢です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です